AX

自分でするのは難しい浮気調査!難しいには理由がある


浮気調査を自分でした場合、簡単にできない難しさの理由とは?


パートナーの浮気が疑われる時、そのまま見てみぬふりをし続けられる人はどれだけいるでしょうか。

多くの人は、じっとしていられないでしょう。
本当に浮気をしているのか、相手は誰なのか、白なのか黒なのかハッキリさせたい時に行うのが浮気調査です。

浮気をしているのはほぼ確実だけれど、その証拠を掴みたいという人もいるはずです。


ただ、そんな人達であっても探偵の浮気調査を利用する人は多くありません。
大半の人が自分でなんとか調べたいと思っているものです。

確かに自分で浮気調査をするなら、高い調査費用を支払う必要はありません。
また、最近問題となっている探偵との間でトラブルが起きる心配もありません。


ですが、自分で浮気調査を行うことは、想像以上に難しい面もあるのです。
まずは、自分で行う浮気調査の現実的な難しさを理解した上で、今後の展開を考えると良いでしょう。


 協力者がいない問題


経験とスキルのある探偵であっても、通常浮気調査を実行する際には2人1組となり行動をします。
そうでなければ、ターゲットの行動に柔軟に対応する事が出来ずに証拠を掴み損ねてしまうからです。


自分で浮気調査を行う場合、こうした協力者をえられないという事が、調査が難しくなる理由のひとつです。
決して楽ではなく、時間も拘束される浮気調査に最初から最後まで付き合える人物は中々いません。

また、例え協力者が現れたところで、素人同士ではプロと同じような連携を取ることは難しいものです。
浮気をされている人の中には、周囲には事実を知られたくないという人もいます。

こうした事から、探偵と同じように2人1組となり連携をして行動出来ない分、自分で行う浮気調査は難しくなるのです。


 調査に適した機材がない


浮気の証拠となるのが、写真や動画を押さえることです。
普段写真を撮る時は、スマホやデジカメを利用する人が多いでしょう。


ですが、浮気の証拠を押さえる際には、上記のアイテムでは不十分な事も多いのです。 浮気の証拠写真や動画は、正面から堂々と押さえる事は出来ません。


いわゆる隠し撮りになりますが、それを成功させるには技術と共に機材の性能も大切になります。
夜間でもしっかりと撮影が可能な暗視カメラや、遠目からでもハッキリと被写体を写す望遠カメラが必要な事もあります。

自分で浮気調査を行う時、必要な機材が揃っていない事は、調査を難しくする一因です。


 相手にバレない事の難しさ

浮気をしているパートナーも、余程の楽天家でない限り自分の浮気がバレないように注意をしています。
その中で浮気調査をするには、相手にバレないようにこちら側も注意をしなくてはいけません。

これが何よりも難しいのです。


浮気の調査をターゲットにバレずに速やかに遂行する、自分で浮気調査をする際の最大の難問と言えます。
ターゲットの私物を調べるにしても尾行をするにしても、相手に気がつかれないように行動をする為には経験とスキルが必要です。

浮気調査は、相手にバレてしまえばそこで調査は終了となってしまいます。
相手にバレずになおかつ有力な証拠を手に入れる、素人が自分で行うにはそこが難しいのです。


自分で浮気調査を行うことが難しいのには、様々な理由があります。
協力者や機材がないこと、そして何よりも相手にバレずに調査をするには、スキルと経験が圧倒的に不足していることが浮気調査を難しくしているのです。

もし、自分で浮気調査をする場合は、決してムリをしないこと。
探偵と同じ結果を求めないことが大切になります。


関連記事