AX

被害に遭う前に盗撮発見の方法


 これで見つかる、盗撮発見の方法

盗撮の被害というのは、気が付いていないだけで、
いつの間にか盗撮されているかもしません。
以前までは、盗撮よりも盗聴の被害が多かったのですが、
小型のビデオカメラや携帯電話のカメラ機能、
携帯電話よりも高性能なスマートフォンなどカメラ機能を搭載したモバイル端末が発展してきたことで、盗撮の被害が急激に増えています。

どこの都道府県でも迷惑条例を設けて規制しているほど、盗撮は社会的な問題になっています。

この盗撮の被害を受けないためにも、
自分でも盗撮を発見できるようになることが必要になってきました。

そこで、簡単な盗撮発見の方法をいくつかご紹介したと思います。

 電車の中、街中を歩いている時に後ろを振り返る
この盗撮発見の方法は、防犯対策でもよく使われる手段です。
後ろを振り返ったとき、怪しい行動を取る人間がいないか確認することができますし、日頃から後ろを警戒しておけば、盗撮犯が気付かれると感じて、盗撮のターゲットにされにくくなります。

 盗撮カメラが仕掛けられ る可能性がある場所に近づかない、または注意する。
盗撮カメラがよく設置される場所に、自宅では寝室や浴室、お手洗いが盗撮カメラを仕掛けられることがあります。
外出先では、公共のお手洗いやデパートなどの試着室、
あとは電車やバスなどの複数の人がいて混雑する場所で盗撮カメラが仕掛けられることがあります。
こうした場所では、盗撮カメラがないか注意を払うと同時に、盗撮の危険のある場所には近づかないようにしましょう。

 家電製品や小物にも注意

最近の盗撮カメラは、家電製品の中や、ペンや消しゴム、
USBメモリサイズのものまであるといいます。
家に何気なく置いているもので、小さな穴などが空いていたりしたら、盗撮カメラが仕掛けられているかもしれません。

他にも、盗撮カメラを見つける発見器を購入して、自分で部屋の中を調べることもできますし、盗撮カメラ発見業者へ依頼して盗撮カメラが仕掛けられていないか、
プロの手によって調査をしてもらえば、盗撮の被害はなくなるのではないでしょうか。